« 滝本く~ん! | トップページ | 泣くのが嫌なら さあ歩け »

2004年8月19日 (木)

商売人としての最低限の挨拶

オリンピック、日本勢大活躍。
いくら去年・3年前の世界柔道で日本人がメダルラッシュだったとはいえ、
今回こんなになるとは思いませんでした。素直に反省します。
……かと思えば、野球はオーストラリアに負けるし、井上康生は2度も一本負けするし。
難しいよねぇ。でもこういうことがあるからスポーツを見るのは面白い。でも、するのは辛い。

研究では、今まで考えていたアイデアにミスがあることがわかりました。
「間違いであること」がわかるというのも前進であるのは確かなのですが、
やはり落ち込むものです。でも、今まで考えてきたことが無駄になったわけではないし、
解けないと分かったわけでもないので、明日からまた精進です。
そんなヘコんでいたときに、生保のおばちゃんが来室。
昨日は「学生さんが来ると嬉しい」と書きましたが、こういうときに来たおばちゃんは正直少し迷惑。
いつもは結構談笑するのですが、今日に限っては完全に話が上の空でした。
でも、僕も商売人の息子。営業の人はいつも「帰ってくれ」などと厳しいことを
言われているのだから、僕の時ぐらいは嫌な思いをしてほしくないと思っているのですが。
でも、契約する気はまっっったくありません。これだけは譲れないので結局迷惑な客ですけどね。

商売人つながりでもう一つ。今日は、帰省の際のお土産を、ちょっと訳あって
とあるショッピングセンター内の店で買いました。
レジに持って行ってお金を払った後、なんと「ありがとうございました」の一言がないのです。
ちゃんとお土産を買ったのに、です。
しかも、その店で何回か買ったのに、今まで一度も言われたことがありません。
サービス業はかくあるべき、なんてうるさいことをここで書くつもりはありません。
でも「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」といった最低限の挨拶ができない店(人)は
商売人たる資格はありません。
今日は久しぶりに行った店なのですが、今後行くことはないでしょう。

|

« 滝本く~ん! | トップページ | 泣くのが嫌なら さあ歩け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155073/7195794

この記事へのトラックバック一覧です: 商売人としての最低限の挨拶:

« 滝本く~ん! | トップページ | 泣くのが嫌なら さあ歩け »