« トカゲは来なさそうかな? | トップページ | 「広島、3年連続5位」 »

2004年10月16日 (土)

夏と冬の間の季節

ここ最近は、朝晩が寒いのに、昼間日が出ていると少し暑く感じる、
つまり寒暖差が激しい日が続いています。これじゃ体調も崩れちゃうよ。
これから冬になるともっとうんと寒くなるんで、気を付けます。ハイ。

今日は頑張って料理をしました(珍しく)。
焼いたり、炒めたり、煮たりと。最後はブロッコリーの茎の部分を
薄く(一部厚く……)スライスして炒めたりもしました。
何でも無駄にしない。悪く言えばケチなのですけど。

昨日の日記を書いた後、新聞を見たら
「来年度から東広島市内の全小中学校に二学期制を導入」との記事が。
(実は来年2月に1市5町で合併するので、その5町の小中学校も全部です)
よくよく考えてみれば、自分が高校まで三学期制だったのも、何も疑問に感じたことはありませんし、
当たり前のように思っていました。単に「今までそうだったんだから」ということですよね。
二学期制のメリットって何だろう。実はよく知りません。
調べたり聞いたりすればいろいろわかるのでしょうが、
今僕が思いつくのは、始業式や終業式の回数が減ったり、
中学校であれば中間・期末試験の回数が減って授業日数をより多く確保することぐらいでしょうか。
結局、文科省は休みを増やしたけれども、現場では授業日数が足りなくて困ってるわけですよね。
それに夏休み・冬休み・春休みが学期の間にあるのは
「メリハリ」があって僕はいいと感じているのですが。
1学期の途中に夏休みが40日もあるのも不自然かなぁと思いますし、
夏休みの後に試験があると思うと学生は憂鬱ですよねぇ。
(←でも休みが明けると学生は習ったことをきれいさっぱり忘れるものなんで、
  教員の立場としては常に緊張感を持たせた方がいいのでしょうけど。)
これから日本ではどちらが主流になるのでしょうか。

|

« トカゲは来なさそうかな? | トップページ | 「広島、3年連続5位」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155073/7195891

この記事へのトラックバック一覧です: 夏と冬の間の季節:

« トカゲは来なさそうかな? | トップページ | 「広島、3年連続5位」 »