« 堀江貴文・ライブドア社長がベストジーニスト? | トップページ | おかいもの♪ おかいもの♪ »

2004年10月 6日 (水)

頑張リズム。

今日のトリビアの泉より。
そういえば小学生の頃、学校の先生やおじちゃん・おばちゃん以上の世代の人に
言われたことがあるような気も。
でも広辞苑に載っている言葉なんですね。昭和初期から戦前にかけて使われた言葉ねぇ。
僕は少なくとも20年以上ぶりに聞いた言葉です。

研究の方は、これが一歩も前に進みません。
新しいアイディアが必要なのか、それともきっぱり諦めるべきなのか。
でも、こういうときこそ「頑張リズム」ですよね。よーし。
アイディアって降ってわいてこないものかなぁ。

トリビアの泉の前にやってたクイズヘキサゴンの2時間スペシャルは
フジテレビアナウンサー大会。あれっ? ついこの前も「めざましテレビ」の出演者6人
集めてやってたし、その前にもアナウンサー大会やってたし、
身内に頼りすぎてないかい? 正解率やら試合展開やらはここでは
置いておきましょう。どうせ後日色々書くことになると思いますし……。
で、以前もここに書きましたが、(今回クイズをやっていた)三宅正治アナ
に司会を戻すことを強く希望。
そりゃ現在の司会の島田紳助と出演しているタレントとのトークは面白いですよ。
でも、この番組はクイズのルールとしてとてもよくできたものだと思うんで、
それをもっと生かして欲しいんですよね。
出演者同士の心理戦を見るのが面白いはずですし、それだけで十分満足できる番組だと思うんです。
島田紳助はそこら辺の心理をちょっといじりすぎのきらいがあるんですよね。
たまに「そこまで突っ込まんでも」と興ざめになることも。
今のままじゃ島田紳助のトークの面白さだけでもっている番組になっているもんなぁ。
だから、司会者はあまり表に出ず進行役に徹するだけで十分ですよ。
でも、それじゃゴールデンタイムで数字(視聴率)は取れないんでしょうね。

それと、いろんな脚色をつけすぎ。ヘキサゴンの理由をいちいち聞いて画面に出したり、
「セーブくずし」しましたよ、ということを明示したり。
いいじゃん、「セーブくずしした、なんて言ってるけど、あれ、ホントはわかってないぜ」
なんて想像するのも面白いじゃん。
ここでも「深く考えずにすぐ楽しめる、理解できる」番組でなきゃダメ、ということなんでしょうね。

|

« 堀江貴文・ライブドア社長がベストジーニスト? | トップページ | おかいもの♪ おかいもの♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155073/7195870

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張リズム。:

« 堀江貴文・ライブドア社長がベストジーニスト? | トップページ | おかいもの♪ おかいもの♪ »