« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月31日 (金)

雪! 寒っ!(その2)

2度の延期の末ようやく発表できた紀宮さまと黒田さんの婚約も、
スマトラ島地震と例の奈良の事件に1面のトップを奪われ。

今日も関東では雪。大晦日の雪は20数年ぶりだとか。変な自然現象が多かった1年の最後を象徴する天気ですね。
そんな今年の自分を振り返ると

・新年早々病気に(1月)
 正月明けすぐの研究集会の懇親会の日の夜にひどい嘔吐&下痢。
そんな中でも演習の授業を担当。教員って辛いんですよ。(←なぜか同情を求める)
このときは「これが今年一番辛かったニュース」と言う筈だったのに。
・テレビ出演(4月~5月)
 予選合格からたった1ヶ月ちょっとでの出演依頼電話にびっくり。
あの時も体調悪くて直前の準備できなかったなぁ(しても意味なかったけど)。
不甲斐ない戦いで申し訳ありませんでした。
応援してくださった方、ありがとうございました。
年度始めだし、実家も色々あった時期だったわけですが、
もし次があったら現場での応援の程宜しく。
「放送後がいろいろ大変だぞ」と言われたんで、周りにはあまり言わないでおいたのですが、
結局は驚くほど反響がなかったですね。視聴率が悪いから?(←責任の押しつけ)
・実家の引っ越し(4月~5月)
 文明の利器というのはホント便利じゃのぅ。
・友人の結婚式(6,7月)
 お目出度いことは続くもので。そういう歳になったんです。
結婚式2回に出張4回。この時期はよく頑張ったよく頑張った。
・誕生日(8月)
 そういう歳になったんです。この日記もスタート。
・初救急車&初入院(9月)
 病院にいると寂しいというか空しいというか生気が失われますね。
もうこういう経験はしたくなっい!
・腰が痛い(10月)
 なぜだか急に歩くのも辛いほど痛くなったのが数日間ありました。
その後も「やばい!」ということもありましたが、何とか乗り切ってます。

今年も色々お世話になりました。
そしてこのコラムを読んでいただきありがとうございました(ペコリ)。
来年が皆さんにとって、そして僕にとって良い年になりますように。
よいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月29日 (水)

猫はこたつで丸くなる

雪。
広島の我が家よりも降るのが早いとは。
昨日の天気では「雪は降るかもしれないけど積もらないよ」って
言ってたのに。積雪5cm(以上)。
天気予報が外れるときはこんなものなのね。
東京の方では昼にはみぞれ→雨に変わったようですが、
こちら茨城では午後5時過ぎまで雪が降り続いていました。
御用納めが終わったのがせめてもの救いでしょう。
しかし「牛乳がない」「納豆がない」ということで
父は雪の中スーパーへ買い物に行きました。
がらがらだったそうです。年末の書き入れ時だというのに可哀想なこと。

雪に弱い東京近郊の鉄道。
僕もこれまで何度も痛手を蒙ってきました。
雪の中を数十分歩いた18年前の春の大雪。
駅と駅の間で止まった電車内に5時間以上缶詰め状態になった
6年前の年明けすぐの大雪。
さまざまな思い出話はさておき、どんなことがあっても滅多なことでは
運休しないのが
近くを走る関東鉄道常総線。
上に書いた2つの大雪、どちらも首都圏の鉄道は完全にマヒ状態だったにもかかわらず、
平然と走っていたのです。
今日も当然のように元気に走っていました。
こういうときは強いよね、ディーゼルカー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月28日 (火)

いっぱーつ!

静かに、でもあっという間に時は過ぎていきます。
というわけで、何かあったということはないわけです。
夜 8:55 からのフジテレビのニュース
 「レインボー発」
を見ると、「レインボいっぱつ!」といつも読んでしまい、
何て奇抜なタイトルなのでしょう、なんて思うのは僕だけでしょうね。
今日はレインボ一発、じゃない、レインボー発(←違い、わかりますか?)を
なぜ見ていたかというと、その前に「なるほど!ザ・ワールド」が8年ぶりに
放送されていたんですね。
最後の 20 分くらいしか見ていないので、何もコメントすることはないんですけど。
爆笑問題の司会はまぁ置いときましょう。W(ダブルユー)も目をつぶりましょう。
(Wって太田光のことあまり好きではなかったのでは?←誤解だったかも)
正解即1番席というルールはよくないね。
それとやっぱり旭化成提供でなくっちゃだめだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月27日 (月)

災。

昨日は「特にニュースもなく」なんて書いてしまってお恥ずかしい……。
あの後ニュースを見てびっくり。M8.9の地震(今日になってM9.0に修正)
に大津波。
僕とは違ってお金を持ってらっしゃる観光客が大挙押し寄せる季節だけに
大変なことですね。「またか」という言葉がまさにぴったりです。
来年こそはいろんな意味で平穏な世の中であって欲しいものです。
しかし、(昨日は)午前 10 時以降ニュースを全く見ていなかったのが
バレてしまいましたね。

今年はなぜか「年の瀬だ」という感覚が全くないです。
母に言わせれば「歳と共に感じなくなるものよ」とのことですが。
そういえば近所のスーパーは元日から初売りをするらしい。
(注:広島の我が家の方は2日から)
テレビもこの時期になると年末特番が増えるものだが、
今年は随分前からゴールデンタイムはスペシャル番組ばかりのような気がする。
とはいえ今年もあと4日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月26日 (日)

特にニュースもなく

今日は実家でのんびりした一日だったのですが、
特筆すべきニュースもないですね。
有馬記念もあんな結果だし、M-1グランプリも「やっぱそういうことですかねぇ」
という結果だし、笑点の新メンバーは既にニュースになっていたし。
史上最大級と言われる花粉症に注意、っていうのもありますが、
それも想像に難くなく。
一つあげれば「岩崎恭子写真集」くらいでしょうか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041226-00000020-spn-ent
以前このコラムで「きれいになったよなぁ」ということを書きましたが、
写真集はちょっと……。

明日・明後日は休暇を取ったのでこのまま実家でのんびり過ごします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月25日 (土)

早い、安い、うま……?

クリスマス研究集会は無事終了。
毎年1週間の間にキリスト教から仏教へ改宗する日本人。
とりあえずは今年の仕事は終了。少し残業があるけど。

昼休みぶらぶらと散歩。
歩いていると吉野家があったのでつい入ってしまいました。
学生時代(特に最後の 1 年間)は2週に1回くらい食べていましたね。
でもこの前食べたのは1年3ヶ月前。まだアメリカ産牛肉の問題が
起こる前でした。
(考えてみれば、「牛丼が消えた日」はまだ今年のことなんですね)
生まれて初めて「吉野家の豚丼」を食べる。
値段との比較もあるけど、うーん、一度でいいかな。

実家への帰り道はいつもとちょっと変えてバスを使いました。
そのバスは僕が中・高の6年間通学に使っていたバスなのですが、
久しぶりに乗ってみて、あまりのゆっくりさに感激。
途中有料道路を通るのですが、信号もなく少しスピードを出してもいいだろうに、
制限速度である 50km/h を遵守。
ある時、朝のラッシュ時に 40km/h を守って運転していて、
バスの前はガラガラ、後ろは大渋滞なんてこともありましたっけ。
まあ、広島の(バスに限らず、ですが)運転マナーの悪さが際だっているだけで、
一般道を時速 80 km で運転、片側2車線の道路でバスが普通自動車を追い越します
からねぇ。今まで何回ヒヤっとさせられたことか。
ダイヤも大事ですが、兎も角安全第一ということでお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月24日 (金)

クリスマス研究集会

今日・明日と研究集会。
わざわざこんな時期にしなくてもねぇ、と言われそうですが、
主催者の立場に立つと、授業が終わって冬休みに入って、
かつ年末年始を除く、となるとこの時期しかないわけですよね。
会場のどこからか「ここ何年かのクリスマスは毎年○○さんと飲みに行ってるよ」という声も。
そんなに勉強したいなら年末年始もやったらどう? なんて言われると困りますが、
「年越し研究集会」なんて話は今まで一度も聞いたことはないですね。
昔、大晦日の「ゆく年くる年」で、「受験生には正月も何もない!」
ということで、除夜の鐘が聞こえる頃テストを受けながら年を越す、
といった映像がありました。
それを見て「そんなことより早く寝て睡眠をとった方が次の日に勉強に集中できるんじゃない?」
なんて思ったものです。

研究集会では色んな方にお会いしました。なぜか研究集会以外の関係で。
Nさんにはクリスマスケーキをご馳走になっちゃいました♪
ご馳走様でした。

学生時代バイトしていた塾にもお邪魔しました。
受験間近、ということで先生方にも生徒にも緊張感が……
と思ったら、生徒の方は元気いっぱいでした。勉強が終わってからの方が元気?
詳しくは書けませんが、ある卒業生のその後の話もいろいろ聞きました。
自分だったらどう接するだろうか……色々考えましたが今の僕には確固たる答えがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月23日 (木)

あれっ? 昨日の書き込みが……

昨日確かに更新したはずなのにー。おっかしいなぁ。
(トップページの更新履歴の方はちゃんと 12 月 22 日になっていたのですが)
昨日書いた分が何かの手違いで登録できていなかったようです。
失礼いたしました。

昨日は結構いろいろ書いたはずなのですが、あまりよく覚えていません。
それらを全部書くのも大変なので、小ネタを1つだけ書きますと、
カレンダーを見ると冬至は 12 月 21 日。テレビのニュースでもそう言っていました。
でも、12 月 20 日、ウチの大学の生協食堂の惣菜コーナーに「カボチャの煮付け」
があったのですが、そこにかかっていた札には「今日は冬至!」と大きく書いてあったのです。
どうやら、東京と広島では時差があるようだ、そういえばマンガなどの雑誌の
発売日も広島の方が遅れたりするっけ(違)、っていうことを書きました。
2度も書くと自分もかなり興ざめですね。

今日は一日中実家でまったりしていました。
明日から研究集会に参加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月21日 (火)

年賀状(その2)

来年は僕にとって3回目の酉年なのですが、
酉年の年賀状をちゃんと書いたのは今年が初めてなんですよね。
24年前はまだ6歳で年賀状を書いた覚えはないですし、
12年前はちょうど大学受験でして、担任の先生とあと友達数人くらいで、
沢山は書いた覚えがないですね。
……なんてことを考えながら昨日は年賀状を書いていました。

今週末は、今年最後のお仕事----東国へ出張に行ってきますので、
明日の夜遅くには実家にいる予定です。
しかし(今日はひんやりしてたけど)今年は暖かくて
クリスマスとか年末とかいう雰囲気が感じられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月20日 (月)

あけましておめでとうございます?

ようやく年賀状を書くことができました。
今年もあと11日。あっという間の一年でした。

大学の講義も今週で終わり。でも今週の金曜日(クリスマスイブ!)は
冬休みに入っているので今年の僕の担当分は既に終了。でも小テストの採点はまだ終わらず。
そして今日は出張されている先生が多かったです。
年末を控え研究集会も今がピークということなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月19日 (日)

引きこもり?

今日は遂に丸一日一歩も外に出ない生活でした。
まぁ昨日・一昨日と十分外に出たようにも思うのでいいでしょう。
ずっとテレビを見たり昼寝したりしていました。
今週末にもう一つ出張がありますが、僕にとっては今年の大きな仕事は終わったようなものです。
……でも先週の出張で叱咤激励されたことは忘れてないです。念のため。

「行列のできる法律相談所」。
これまでもたま~に「法律クイズ」らしきことをやってましたが、
今週は(来週も)ありゃ完全にクイズバラエティーじゃないか。
しかも一般常識のクイズあり、懐かしのテレビに関するものもあり、
今大流行の「なぞなぞ系クイズ」ありと、結局は昨今のウケのいい
企画を集めただけですよ、ねぇ。
しかも(今日の)最後には「16分割クイズ」。
挿入されている音楽や効果音がオリジナルの「ヒントでピント」と(ほぼ)同じだし
(普通は少しばかり編曲しません?←他局なんだし)、
司会者も「あの『ヒントでピント』ですよ」って言っちゃってるし。
よくわかりませんが、あれだけ人気を博した長寿番組だったわけで、
著作権とか知的所有権とか何とかはクリアできてるのかなぁとも思います。
……そうですよ(←いきなり思い出す)。「ヒントでピント」の復活ってのはどうなんでしょう?
芸能人しか出ないわけで、演出もしやすいですし。いいんじゃないんですか。
当時と同じルールでも十分イケそうですよ。
男性チーム(または女性チーム)のみが答える問題の時、相手チームに
(昔のポケコンについていたような)小さいプリンタから印刷された答を
そのチーム全員で回し読みしていたのを思い出します。当時は最新技術(?)だったんですよね。
隔世の感。

あっ、そうか、司会者が……。合掌。

明日は先週の出張中にやっていただいた小テストの採点っと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月18日 (土)

線路は続くよどこまでも

出張から戻りました。
時間があったので、在来線で帰ってきました。
途中下車して休みながら、ではありますが、電車に乗っている時間だけで約6時間半。
まあ何回か乗り換える必要があるので、必然的に途中下車しなきゃいけないのですが。
僕はそれほど旅好きでもないですし、ましてや鉄道好きでもないですが、
これで山陽本線(神戸~門司)も完乗したなぁ……と思ったら、
支線である兵庫~和田岬間(2.7km)が残っていました。
まあ近い将来には、いや、たぶん一生かかっても乗ることはないでしょうから、
完乗は果たせそうにないですね。
結局まだ東京メトロ千代田線・綾瀬~北綾瀬間は乗ったことないし。
学生時代は千代田線ユーザだったのに。

先日のキリン・チャレンジカップ2004でドイツにホームで完敗した日本、
聞けばFIFAランキングが17位と16位の戦いだったそうではないですか。
無論ランキングが実力を完全に反映していることはないですが、
ブンデスリーガが休みに入ってコンディション万全のドイツに対し、
日本はベストな状態ではなかっただと?
コンディションが万全でなかった理由を考えて頂きたいものです。

来春のセンバツ高校野球の「21世紀枠」の候補9校が発表になったのですが、
そのうちの一つに我が家のすぐ近くにある高校が選ばれました。
今秋の県大会でベスト4になったのは知っていたのですが、
……それにしては地元は盛り上がってなさそうですね。
まぁ、出張に行ってたんで実際のところはわからないですけど。
で、そのセンバツ。「21世紀枠」ってどうもしっくりこないんですよね。
個性ある学校にチャンスを与えているのはわかるのですけど、
何を基準に選ばれるのかがよくわかりません。
元々センバツの選考方法がはっきりとはしていなかったわけで
(各地方大会の上位校というだいたいのルールはありますが、「だいたい」の)、
多様性を持たせたと言えばカッコいいわけです。
でも「一番野球が強い高校」を決める大会である筈ですので、
質は落とさないようにして欲しいものです。
高校生クイズの方も地方大会に加え一芸予選だ携帯予選だ何だ「多様性」がありますが、
単なるゴッタ煮状態で筋の通ったものがないんですよね。質の方も……(以下後日に続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月17日 (金)

九州恐ろしか~

結局2次会までで解放されました。叱咤激励を含めいろいろお言葉をいただきました。飲み会でのトークは…とてもここでは書けません。ところで、今日の3年B組金八先生のタイトル「中3の父小6の母」ってすごすぎるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月16日 (木)

出張に行ってくるばい。

明日から西の方へ出張に行ってきます。
明日の日記の更新はもしかしたらできないかもしれません。
ウチのボスの先生からは「体調をしっかり整えておきなさい」というアドバイス。
何次会まであることやら……。

大学ではほとんど自分の部屋に引きこもり状態で明日の講演の準備……
というわけにはいかず、他の仕事もあり、楽しく学生さんと談笑……じゃない
質問に答えたりとあっという間に時間が過ぎていました。
学生さんはテストにレポートにと忙しいようで。

さ~て、これから準備の続きだっ。今日の夜も長いぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月15日 (水)

ひっそりと……

時系列順で。

ドン・キホーテの連続放火事件、危機管理の欠如だの何だの言われていますが、
とりあえず感じるのは「物騒な世の中だなぁ」ということ。
今朝の「ウォッチ」の「最大関心事」のコーナーでも長い時間を割いて
扱っていましたが、大きなパネルに書かれていた文字は

  ドンキ・ホーテ

でした。いくら「ドンキ」って略すからって、既にあれだけ報道されているし、
セルバンテス作の有名な文学作品だし、恥ずかしいよなぁ。

水曜夜7時からの枠で今秋に鳴り物入り?で始まった家族対抗のクイズ番組、
「クイズ!家族でGO!!」が今日ひっそりと最終回。
ほんの少ししか見ていないのですが、芸能人(6人+司会者)をあんだけ使っておきながら
全くその個性を活かしていないし、たとえそれがプラスに働いたとしていても
すぐに飽きられたでしょうしね。
こんなことなら一般人オンリーにした方がまだ良かったでしょうね。打ち切りやむなし。

ヘキサゴン。司会者は三宅正治アナ。深夜時代に戻ったわけです。
以前に(島田紳助が謹慎する前から)司会は三宅アナの方が良いということを書きました。
1時間番組なんで、いらないVTRや脚色はあるものの、
「これなら見ていて面白い」と僕は思えました。
前も書きましたが、あの番組は「解答者同士の駆け引き・気持ちの探り合い」
が面白いのですから、司会者は本当に「進行役」で良いのです。
ですから、司会者が「コイツ、絶対分かってない」なんてことを
口にする(助言のつもり?)のでは興ざめです。
司会者を(三宅アナがベストかどうかはさておき)局アナにして、
例えば日曜の午後7時から放送すればもっと良くなるのではないでしょうか。
こち亀ファンは怒るかもしれませんが。(でもこち亀って来週最終回なんですよね)
しかし、新橋のサラリーマン。「年の初めの 例とて 終わりなき世の めでたさを……」
のタイトル(一月一日)が正解率3%なのもびっくり(もっと知らないと思ってました)
ですが、指揮者を英語で?(コンダクター)が正解率50%もあるのにはもっとびっくりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月14日 (火)

牡蠣ご飯

広島におるけんねぇ。
でも、今冬初めて牡蠣を安~く買うことができました。
広島にいても別に安いわけではないんですよね。
余った分は生牡蠣として食べちゃいました。
今「当たる」と結構ヤバいのですが、まあ旨かったのでよしっと。

大晦日のテレビは何を見ようっか。
ここ最近、紅白歌合戦か格闘技(か「にっぽんの歌(演歌)」)ばかりで。
今年も懲りずに格闘技の多いこと。結局パイの奪い合いなのに、とも思う。
「エンタの神様」スペシャルみたいなお笑い番組もあるけど、
まあ「でぶや」スペシャルかな。
……結局は CS に逃げそうですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月13日 (月)

山場

今週末の出張が今年最後の山場です。これが終われば今年もお疲れさん、って感じ。
(実際には来週も出張があって今年もまだまだだよ、なのですが)
しかしその山場を迎え、追い込みに入らねばいけない時期なのに
気力の方も、そして体力もついてこない。
とりあえず原稿は作っておかないとなぁ。

昨日のアタック25から。音楽問題はこんな問題でした。
(注:問題文は正確ではありません)
 沢木美佳子「今から3曲続けてお聞きいただきます。
   タイトルの中にある色を集めたとき、アタック25のパネルの4色のうち
   1つだけ足りない色があります。
   その色は何でしょう。赤・緑・白・青でお答え下さい。」
 1曲目「春色の汽車に乗って 海に連れて行ってよ」
 2曲目「あ~ 私の恋は~ 南の風に乗って走るわ~」
 3曲目「お願いよ 正直な 気持ちだけを聞かせて」

  ポ~ン!

 児玉清「白!」
 白の解答者「ピンク!」

  ブー!

おいおい。面白すぎて笑い転げてしまいました。
どう勘違いしたのか分かりませんが、あの番組で黄色は見たことはあっても
ピンクは見たことないなぁ。
たぶん「……色を全部混ぜると何色になるでしょう。」と思ったのかもしれません。
(それなら紫+白で……何色だろう?)

ただ、2曲目が流れ始めた瞬間に「緑!」と叫んでしまった自分も、どうなんでしょう。
最近の歌は全くと言っていいほど知らないのに、
昔取った篠塚……じゃない、杵柄なんですねぇ。
(因みに、曲名は順に「赤いスイートピー」「青い珊瑚礁」「白いパラソル」(全て松田聖子)です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月12日 (日)

危険な兆候

何だか、体調を崩すんじゃないのかという予感がしているので、
昨日・今日と静養に努めたのですが、まだ完調ではありません。

昨日の話になるのですが、夕方テレビをザッピングしていたら
「SHIONOGI MUSIC FAIR 21」に浜崎あゆみと華原朋美が出ていて
ちょうどトークをしていました。

いやー、見るに堪えないほど噛みあわないトークでした。

恵俊彰はお笑い芸人らしく一緒になってボケることができますが、
もう一人の司会者の鈴木杏樹が明らかに困った表情でした。
すぐにチャンネルを変えてしまいました。

昔、フジテレビの深夜番組で、絶頂期の華原朋美がトーク番組をやっていた
(←今思うと、よくそんな危険なことを……とも思う)
のですが、その時の華原朋美と千秋のトークは凄かった。
話がぶっ飛んでいて、ホントにこれを電波に乗せていいのかと思えるものでした。
(このときも見るに堪えられず、すぐチャンネルを変えてしまった)
それほどではなかったとはいえ、華原朋美もその後いろいろあって
(公称)30歳になっても相変わらず。それはそれでキャラですけど。

今年でトヨタカップが最後。今年もいい試合ではあったが、
「世界最高峰の試合」の割にはここ数年はどうも満足感が得られなかった。
それは日本でもJリーグが発足して目が肥えたからというわけでもない気がする。
僕が小中学生のとき(注:トヨタカップは僕が小1のときからスタート)は
プレーにホントに感動した。
特にいつだか忘れたけどグラウンドに雪が残る試合で、
蹴ってもボールがあまり飛ばない中で、地上にボールを落とすことなく
ボールを繋いでゴールを決めたのにびっくりしたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月11日 (土)

午前様

久しぶりに帰宅が深夜0時を過ぎてしまいました。
ということで、この noteブックの性質上、昨日の日付の更新はできなくなってしまいました。
大変失礼いたしました。

昨日(金曜日)はセミナー。Keller-Siegel。
研究は大変そうだが、非常に聞きやすかった。
セミナー後はいつもの居酒屋での歓迎会。
予約を終え店に行ってみると、
年末・忘年会シーズンだけあって(まだちと早い気もするのですが)満席の札が。
さらに2次会・3次会まで。
気が付いてみれば、僕は酒を飲まない人なのにかなりアルコールを摂取しました。
酒を飲んで楽しいと感じられればいいのですが、正直まだ一度も
そういう気分になったことがないので(他の方と話せるのは楽しいけど)
酒に高い金を払うのはまだ抵抗感があります。でもこちらの日本酒は他の産地より美味しいですね。

しかし、世の中理不尽なことが罷り通っている。
残念ながら具体的には書けないのですが、しょうがないと割り切るしかないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 9日 (木)

様様様様。

住友生命の創作四字熟語より。
http://www.sumitomolife.co.jp/jukugo/index.html
初め、全く意味も読み方もわかりませんでした。
……結局意味も読み方も思いつきませんでした。
うまい! ではありますが、多少反則技のような気もするのですが。
考えてみれば、「様」付きで呼ばれる人ってそういないですよね。
古くは(神様仏様)稲尾様ですけど、つい最近まではベッカム様くらいで。
それが今やヨン様だのピ様だのジウ姫だの。ついて行けません。

次はシャッフルコンビ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041209-00000033-nks-ent
来年の正月特番で放送とのこと。
「ちゃんと」組み合わせ抽選をやって、賞金が出ることを除けば、
既に他の番組でやられている企画では……ということはとりあえず置いといて、
9組をシャッフルして8組16人ということは、ピン芸人が(少なくとも)2人は
いるということだな、と思ってメンバーを見てみると……
出川哲朗はわかった。あと一人が見つからない。
30秒経ってようやくわかりました。DonDokoDon は山口智充のみで平畠啓史が出ていない。
平畠が出ているバラエティー番組は「水10!ワンナイR&R」ぐらいで、
後は東海地方のローカル番組に出ているらしいが、レギュラーの本数はコンビ間でケタが違うそうである。
山口のピンで出ている番組が多いのはある意味理解できる。
モノマネや司会・歌と何でもこなせるわけで(確かに「タレント」ではある)。
雨上がり決死隊も宮迫のキャラが前に出て、蛍原が目立たない時期があった
(←でも蛍原って確か吉本印天然素材のリーダーだったはず)
が、その時期にコンビでの仕事を意識的に多くしたような印象を受けたんですよね。
(今や蛍原の天然ボケやほのぼのさがウリになっている感も)
それに比べて DonDokoDon は……。コンビ芸を見せることがほとんどないし、
「ピンでもやっていけるから解散」なんて事態にならないか心配になってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 8日 (水)

寒いけど平穏な一日

でも去年よりは明らかに暖かいですけど。
今日、今年初めてコートを着ました。
で、今日は特にバタバタすることもなく穏やかな一日。
特に何かやったということもなかったですね。
明後日の演習で配る問題が決まったというくらいでしょうか。

今日の「トリビアの泉」の種のコーナーは
心理学者・言語学者が考える「最も引っかかりやすい10回クイズ」は何か、でした。
10時間の討論の末、結論は「ニシンと10回言わせて、
『子供がうまれることは?』と聞く」というもの。
結構いい問題じゃないですか。僕も引っかかりそうに……。
すぐには出てこないものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 7日 (火)

親子丼リベンジ。

こうしてつけている日記というのは便利なもので、
この前いつ親子丼を作ったかわかっちゃうんですよね。
今日は前回(11/16)の反省を活かして再挑戦。
火力には気を遣いました。卵も固まりすぎないように注意しました。
前回は丼タレが少なすぎたということで多めにしました。
結果は……今回は丼タレが多すぎました。
ホント、料理って難しいですね。僕なんかが足を踏み入れちゃダメなのかもしれません。

日本の子供の学力が著しく低下というニュースが。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041207-00000003-yom-soci
まぁ、今に始まったことではないですよね。我々の時代も「昔に比べれば」って
言われ続けましたし、多分僕より10歳、20歳上の方も同じように言われたのでしょう。
確かに憂慮すべき事態です。僕も教員の端くれとして何とかせにゃ、という気持ちはあります。
ただ、その代わりに昔の子供、または我々が学生だった時代には無かった能力
が付いているであろうとは思います。
例えばコンピュータを使えたりとか、プレゼンの能力とか。
ここで論じられるだけのスペースも能力も僕にはないですが、
こうなってしまった大きな原因の一つが、文部省(現文科省)の施策(特に指導要領の改悪)
にあることは確かでしょう。
それを受けての、中山成彬文科相のコメント。
「要するに勉強しなくなったんじゃないですか。
もっと勉強しないと駄目だということを徹底しないといけない。」
だから~、ゆとり教育とか何とか言って授業時間も内容も減らしたのはアンタの方なのに。
(←実際には中山文科相自身はあまり関係ないだろうけど)
「『僕は勉強したいから塾に行きたい』と子どもの方から親にお願いするぐらいでないといけない」
つい数年前までは文部省は塾の存在すら認めてなかったくせに。
それとも、義務教育では最低限の、つまり「大人として知っておくべき知識」
は身に付かないと言っているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 6日 (月)

炊き込みご飯

を今日は作りました。しかし面倒くさがりなもので、
具材は鶏肉と舞茸のみ。味が薄くて何だかとっても「上品な」仕上げに
なってしまいました。
家で食べる食事はスーパーの惣菜であることが多いのですが、
最近は少し料理してるなという実感が湧いています。
しかし、料理をすることはストレス発散になるわけではなく、
寧ろ上手く作れないというストレスになっているのですが。

水道使用量に関するお知らせが来ました。ウチの市では2ヶ月に1回
通知が来るのですが、なぜか今回はいつもの2倍弱も使っていることに
なっています。僕としては水を沢山使った印象は全くありません。
どこか水漏れでもしているのかなぁ。

先週の話ですが、アメリカの長寿クイズ番組「Jeopardy!」で、
Ken Jennings という人が続けた連勝記録が 74(74 日連続勝ち抜き)で遂にストップしたそうです。
http://www.entertainment-news.org/breaking/14281/jeopardy-whiz-ends-74-game-win-streak.html
(確か5日勝ち抜きで打ち止めだった筈……と思ったら
最近ルールが変わって、負けるまで出続けられるのだそうです)
6月2日から始まり、11月30日に敗れるまでの 74 連勝。(勿論新記録)
獲得した賞金総額が 250 万ドル以上というから驚きです。

僕は 14 年前にアメリカにホームステイした時に2回だけ見たことがある
番組なのですが、(英語が全然わからなかったくせに)とても印象に残っています。
日本のように派手な効果音もなく、淡々と、そしてテンポ良く進行していき、
ルールもシンプルなのに最後は何かワクワクしちゃう。
日本で言えば昔放送された「クイズグランプリ」。
っていうか、クイズグランプリの方が Jeopardy! をもとにして作られた番組なわけです。
そしてゴールデンタイムに月~金の毎日放送されているのです。
問題作成者もスゴイと思う。

日本でも5週勝ち抜き、10人勝ち抜きといったクイズ番組は多数ありましたが、
レギュラーの回に 75 回連続同じ人が解答者として出ているのも何か飽きるよな。
でもその間の視聴率は良かったのだそうです。
日本じゃこういうクイズ番組、もうやらないんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 5日 (日)

糖度センサーによって高糖度なみかんのみを選別しておりますので、安心してお召し上がりしていただけます。

……と書いてあったみかんを数日前買いました。結構大きなサイズのを6個。
今日の昼、微かに異臭がするので何だろうと思っていろいろ調べたのですが、
買ったみかんのうちの1個にカビが。それが寧ろきれいなぐらいにみかん全体に。
1個半ダメになりました。
糖度も大事ですが、もっと安心して「お召し上がりしていただけ」るように
調べて欲しい箇所があるはずだと思うのですが。

今年最後の月もあっという間に約6分の1が終了。
毎日を大事に過ごそうと思っても、ボケッとしてるうちにあっという間に
過ぎ去ってしまいます。
で、今日は関東で強風&夏日だそうで。
やっぱりおかしいぞ、地球。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 4日 (土)

自転車操業

昨日は別にもったいぶった書き方をしたつもりはないのですけど……。
来春の学会発表の原稿提出期限日が迫っていて、事実上今日中に
ポストに投函しないと間に合わなかったのです。
もっとエラくなればゆっくりできたのかもしれませんが(爆)。←爆なのは僕と一部の方だけ?
ところが、そもそも満足行く結果がまだ出ていないのに、
木曜の夜に結構大きな間違いが発見されまして。
慌てました。金曜はセミナーの講演者の接待(←後輩だけど)に
演習にと結構忙しかったため、日本酒を結構飲んだにもかかわらず
帰宅後すぐに風呂に入り、頑張って計算。
午前3時まで頑張ったものの、結局そこの部分は課される仮定を強くすることで妥協。
それ以外の部分も正しいかどうかかなり不安があるのですが、
今日の午前中にえいやっ!と投函してしまいました。
さぁ~て、五萬をポンしてしまったのに、
まだ1枚しかない發を兎に角重ねて後付けだ、1000 点を頑張ってアがるぞっていう気分です。

郵便局に行った頃から少しずつ雨が降ってきたのですが、
家に帰ってきてから急に大雨になりました。
確かに気温は低いですが、冬とは思えない雨の降り方です。やっぱおかしいぞ、気候。

新聞を読んでいて、大したニュースはなかったのですが(本当はそんなことはないはず)、
今年4月の JAL に続いて、ANA も来年2月から広島-羽田便を1便減便(9→8)らしいです。
ここ何回かは僕が乗る便はいつも満席なわけで、去年と比べて搭乗率は上がっているように
感じるのですが、減便したり機体の大きさを小さくしたり、逆に輸送力を低下させるのは
どういうことなのでしょう?
広島-東京は新幹線との競争が激しいはずなのに
(時間はだいぶ違うように思えますが、広島空港は広島中心部からバスで1時間なんですよね)、
競い合おうという意欲があまり感じられない気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 3日 (金)

終わらない夏?

台風27号が沖縄に接近中だそうで。
さすがにこっちには来ないでしょうねぇ。
しかし、もう12月だよ。どうなってるの?
今日は気持ち悪いくらい暖かかった1日でした。

今日はセミナーの日。僕が呼んだスピーカーの講演は素晴らしかったのですが、
僕のホストぶりはどうもうまくいきませんでした。
まあこれも勉強です。
僕は自分から話をしたり、人をもてなすのが苦手なんです。
人の話を聞くのは大好きなのですが。

今日は緊急事態のため、しばらく眠れそうにありません。
詳しいことはまた明日以降に~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 2日 (木)

終バスにて帰宅

今日の午前中は、結果が出たとか前進したとかいうわけではないのですが、
久しぶりに研究したなぁという感じが持てました。
こういう充実感が毎日味わえればいいのですけどね。
でも苦しい日々もまた楽しからずや、っと。

夜は明日のセミナーの講演者をお出迎え。
そのまま2人で食事(←と言っても居酒屋)へ。
これが僕がホスト役となる最初の講演者です。
お客様ではありますが、何せ院生時代の僕の2年後輩なわけで、
まあ近場なところ(距離的には近くないけど)で呼んでしまいました。
しかし専門はあんまり近くないところはこれいかに。
明日のセミナーが成功するかどうかいろいろ心配しています。

今日はこれから風呂に入って、そのままバタンキューします。
おやすみなさい~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 1日 (水)

焦りばかりが募る

今頑張ってやっている研究ですが、急に暗雲がたちこめた感じで。
先月のセミナーは何とかなったのですが、今度喋る方はそういう訳にはいかないよなぁ。

というわけで12月。12月1日といえば、世界エイズデー……もあるけど流行語大賞発表の日。
まあ1つずついじってみますか。
・「チョー気持ちいい」……流行りました? 「谷でも金」よりもこっちですか。
 ある番組で「この夏流行った言葉ランキング」の中で何位かに入った
 この言葉をクイズにしたとき、オリンピックとかいろんなヒントがあったのに
 5人中2人くらいしか答えてなかったよなぁ。思い出した、アッコにおまかせ!だ。
・「気合だー!」……こっちは印象に残ってます。
 一般の人が使ってるのをみたことがない、という意見もありましょうが、
 この人には負けますから。
・「サプライズ」……あれっ、JRAの方じゃないの?
・「自己責任」……今年に限らず、少し前から盛んに使われてますね。
 ただ一時期、何でもかんでも自己責任に押しつける意見があったのが気になりました。
・「新規参入」……新規参入に失敗した方が受賞だなんて。
 まぁ、堀江社長と三木谷社長のキャラ(と戦略?)の差でしょう。
・「セカチュー」……もう3年も前だよね? 映画化とTBSのお陰なわけですが、
 受賞は片山恭一なのね。そういえば「ピカチュウ」は一度も選ばれたことはないですね。
・「中二階」……使ったことは一度もない。それに聞いたこともほとんどない。
 でも上手い表現だと思う。
・波田陽区関連……来年はテツandトモのようにならないように、って、
 今の波田陽区のテレビ露出度が既に今のテツandトモぐらいか。
 波田陽区のネタってやっぱり字幕がないと面白くないらしい。まあ「今」向きの芸人なのでしょう。
・「負け犬」……僕も読んどいた方がいいかしら?
・「冬ソナ」……結局一度も見なかった。最近じゃ、ペとかピとかいろいろ騒いでるけど、
 ペ・ヨンジュンより木村拓哉の方がずっとカッコいいって。
 じゃあ、今度はプ様ということで。おばさま方が「プ~」って連呼している姿は如何なものか。
 で、受賞者に韓国の俳優陣が一人もいないのはどういうこと?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »