« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月30日 (木)

獅子座受難

朝の番組の占いコーナーでの獅子座の順位が悪い、というのは何度か書いてきましたが、
ここ最近はずっとひどいですね。今週は「めざましテレビ」で12位だの11位だの、
今日の「おはよう朝日です」(朝日放送・関西ローカル)
でも最下位。そういう運命にあるのか、それともよほど獅子座に恨みでもあるのか。

でもどうせ星占いがどうであろうとその日の状況に変化がある訳じゃないので
そんな話はどうでもいいです。
研究集会2日目です。
わからない話もあるのですが、興味深い内容が多いので聞いていて
楽しいというかホッとできますね。
そして昼休みも終わりかけの頃、オーガナイザーが
「午後のセッションの座長を決めてなかった」と言ってうろうろしだしました。
そのとき僕は今取り組んでいる問題とにらめっこしていたのですが、
その先生は僕のところにやってきて肩をたたきながら「君、座長やって。」
……不意をつかれました。しかし、辺りを見回せば僕より年上の大先生がたくさんいるのに。
「えっ、僕がですか? 本当に?」
「君もそういう歳になったんだよ」
その後、僕より1つ下の方が次の座長に指名されてしまったこともあり、断ろうにも断れず
心の準備ができないまま座長席に。
いきなり、最初の講演者(外国人)の大学名が読めませんでした。
僕はとっさに言われると何もできない人なのです。アドリブはてんでダメ。

夜の懇親会は、食べる前にビールを飲み過ぎたせいか、酔いがすぐに回ってしまい
あまり話をすることができませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月29日 (水)

雨降ってるよ、京都。

京都に来ています。
残念ながら今回の部屋はシングルでした。(←当たり前)

曇り空の広島を後にし、新幹線で東へ進むと、新神戸駅の後のトンネルを抜けた頃から
空を見ると灰色がだんだん濃くなり、
新大阪に到着した頃についに、それこそバケツをひっくり返したような雨に。
京都ではふつうの雨に変わっていましたが、
僕は傘を差したのがいつ以来なのか全く覚えていません。
というか、梅雨の時期の雨じゃないですね。真夏の頃のにわか雨に近い。
まあ天気予報を見ると、広島の方でも今週末から雨マークが4日連続でついているようで
少しは恵みの雨になるのでしょうか。

研究集会の方は、自分の専門分野に近いということもあって、
先週に比べれば何とか落ちこぼれるまでの時間が長くなっています。

今ホテルのテレビではウィンブルドンの男子準々決勝・フェデラー対ゴンザレス戦が映っています。
数年前までは毎日のように午前3時過ぎまで見ていたものですが、
最近はそんなこともなくなり、今年などは誰が勝ち上がっているかさえわからなくなっています。
特に男子は知らない名前が増えたこと。
一番大きな原因は第1週が総合テレビのみの放送(しかも録画)になったことです。
BS-2での放送をやめてBS-Hiにした理由がわからない。
そっか、時代はハイビジョンなのね。
ちなみに、僕のテニス歴は高3の時の体育の授業(軟式)のみです。
8連続フォルトで1ゲーム落としたことがある、というのはナイショです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月28日 (火)

そしてまた京都へ。

今日は学生の質問に答えたり、できあがった原稿を校正して先方に送ったり、
演習があったり、という一日でした。
もう、ホント、数学をやれる気温じゃないですよ(汗)。
座っていた学生さんもぼぉーとしていた人がいたかもしれませんけど、
僕は全然頭が働いてませんでした。

明日から金曜まで出張です。先週と同じ京都に。
そして会場も先週と同じ。泊まるホテルも先週と同じです。
これで泊まる部屋まで同じだったら超ラッキーですが。(先週火曜日の日記を参照)
さらにはホテルの前の交差点でKさんに会ったりして。←そんなことまでは続かないか。
ただ、先週と違うのは、出張が終わったら、実家に寄ろうと思っています。
まぁ、すぐ近くでもなく、道すがらというわけでもないので、「寄る」という表現は正確じゃないですけど。
実家に帰ったら持っていこうと思っていた物を……大学に置き忘れてしまいました。
しょうがない、夏期休暇まで我慢してもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月27日 (月)

サボりはいけない

天気予報を見ると、この1週間は降水確率が30%~50%の日が続くようで。
少しは雨が降って欲しいものです。昨日の夜は雷はなっていたけど雨はなかったし。
しかし、今日はほんのちょっと雨は降ったけど、その後気温は高いくせに湿度も高く、
風がまったく心地よくない。

今日は〆切間近の原稿書きと会議。
今日一日で原稿はほぼ書き終わりました。
まあ、A4で8ページ分だし、昔作った文書のコピペの部分が多かったりするけど。
ならば早くからやっておけばよかったじゃん、という意見が聞こえそうですが、おっしゃるとおりで。
〆切が近くならないと気分が乗らないのもあるかもしれませんが、
〆切が近いので「これでいいか」とすぐ妥協してしまうから早く終わるという説も。

もうすぐ、会社でいえば部長を決める選挙が行われます。
……って、今年の2月に同じ事を書かなかった? と思われた方、すごい記憶力ですね。
確か任期は2年のはずなのですが、いろいろ事情があって、
僕が赴任してから既に3回目の選挙になります。
(僕が赴任したのは2年前の4月です。しかも赴任する直前にも選挙をやっている。)
これ以上のことを書くのはやめておきますが、いろいろ大変なようです。

昨日の放送で日テレ系「A」が打ち切り。
だいたい、アジアの最新情報がどうだか知らないが、
「インターネットで生の情報をやりとりする」のなら、生放送でやるべきであった。
生に出来なかったのは松浦亜弥が忙しすぎるから、とも言われているが、
相当数のタレントの中に埋もれている感が否めないのだが。
そもそも番組のコンセプトが何だかわからないけど。
久米宏本人から意思があったそうだが、打ち切りやむなしであろう。
それより、今後の久米宏の価値が下がる方が心配である。
まあ、でも、日テレは意外と逆境に強いですからねぇ。
例えば、今も続く人気番組「世界まる見えテレビ特捜部」は、
元々1クールで打ち切りになったバラエティー番組の後の「つなぎ」だったわけで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月26日 (日)

暑中お見舞い申し上げます

まさにそんな気分です。キャンディーズの歌じゃないですけど。
この日記をご覧の方はこの歌を歌える方は多いのかな。
僕はサビしか知りませんけど。だって僕が3歳の時の曲ですから。
今春から我が部屋に登場した温度計(3月13日の記事を参照)を見ると
朝でも27℃、昼だと29~30℃を指しているのを見るともうイヤになっちゃいます。
窓を開けても全然室温が下がらない。風通しが悪い部屋なんですよね。
下手に全開にすると虫が沢山入ってくるし。

そんな中、家で宝塚記念を見ていました。
2強が3着以下に沈んだ割には配当金が安い気が。
何が楽しみって、宝塚記念では「宝塚記念のファンファーレ」というのが流れるのですが、
数年前に一般公募で選ばれたものですが、あのメロディー、好きですね。ゾクゾクってするし。
普段のGIファンファーレでは関西より関東の方がずっと好きなのですが、
それよりもっとイイかもしれない。
関東・関西のGIファンファーレはそれが流れる度に作曲者に印税が入るらしいけど、
宝塚記念のはどうなんだろう。買い取りなのかな?(←どうでもいいですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

今日は「暑い」以外何も思い出せない

今、雨上がり決死隊の蛍原徹が司会している「世界の競馬」を見ながら書いています。

今週は出張もあったし、今日は休む日!
ということで小中学生のように寝てようと思ったのですが、
あまりの暑さに普段よりむしろ早い時間に起床。
休む日、という方はだいたい達成していて、一日中テレビを見ていました。
寧ろ疲れたくらいです。
……昨日も今日も何もやっていない。〆切間近の原稿があるのに。

全米女子オープン、宮里藍は1打及ばず予選落ち。
予選を通過した日本人は肥後かおりだけ。
どうする、テレ朝?
ミシェル・ウィーとかソレンスタムとかで頑張るのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月24日 (金)

梅雨とは名ばかりの

雨ばかり降ってじめじめするのもイヤですが、こうも雨が降らないのはもっとマズイですね。
朝大学に行って自分の部屋に入ると、室温が30℃とか見るとげんなりしてしまいます。

今日は全く数学をやることなく一日が暮れてしまいました。
いや、この表現だと正確じゃないですね。全く研究をやることなく、ですね。
数学を考えることはしてました。
ある先生から(全く専門とは関係のない)問題を教えて貰ったのですが、
これが解けそうで解けない、何とも面白い問題なんです。
ここに書きたいところなのですが、ちょっと長くなるので個人的にということで。

夏のボーナスが出ました。 ヤッター!
今月はお金の出費が激しいので、ボーナスがなければ少し赤字なので。
(実際には出張旅費を立て替えている分があって、それが後程戻ってくる(はず)なので、
 少し黒字になりますけど)
しかし……ボーナス、減ってるよ。
民間企業じゃボーナスの額が過去最高とか言ってるのに。

僕は公務員じゃないですけど、
だいたい「公務員は恵まれてる」って、給料に関しては正しくないんです。
数年前、不況で民間の給料が下がっても公務員の給料が上がっていたとき
あんなに批難してたのに、今「公務員は可哀想」なんて声は出てないですよね。
だから~、単に官は民より景気の波の影響が数年遅れるだけなんですって。
まあ、それ以外の面では公務員が恵まれてるということもありますけど。

それに、何でも、給料が下がるんだそうで。しかも4月に遡って。
今月から住民税の額が変わったのですが、なんと昨年の約2倍……。
本格的に副業を考えないといけないかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月23日 (木)

2,000

普段は毎週火曜日に演習の授業があるのですが、
今週は出張に行っていたため休講!……ではなく、今日に振り替え(補講)をしました。
教室にはいると、ある学生が「先生、今日は市民球場に行きましょうよ。」
勿論、野村謙二郎が昨日の時点で1999安打だったわけで、
今日にも2000本安打達成か、という日だからなのですが。
そういう話には是非ノってあげたい気持ちはやまやまなのですが、
残念ながら今日の授業ではそんな余裕もなく、「また後でね」と言って
結局その後何も話せませんでした。
まあ、今の広島はどん底のそのまた更にどん底のチーム状態なので、
野村の2000本安打くらいしか話題がないわけですが。
昨日の中国新聞には
「今が最悪である、と言える間は、まだ最悪ではない」というシェークピアの言葉を引用して
「今が最悪でなければ、どこまで底があるのか」と言うコラムがありました。

結局、今日2000本安打になったそうで。広島ではあの山本浩二・衣笠祥雄以来3人目とのこと。
RCCの鯉祭り、広テレの野村特番と広島ローカルでは盛り上がっています。
因みに、代表戦の陰に隠れて何だか全然盛り上がってないけど、サンフレッチェ広島は現在J1で2位。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月22日 (水)

ヨシダさ~ん、間違い電話ですよ。

京都の研究集会から帰ってきました。
自宅に着くと、家の電話に録音メッセージが2件。
僕の実家からは滅多に電話がかかってくることはないので、
普段はあまり録音メッセージが入っていることはありません。
何だろうと思って聞いてみると、1つは何かのキャッチセールス。
もう一つは「明日、どうしましょうか? 連絡を下さい」という聞いたことのないおばさんの声。
既に「明日」(=今日のこと)は終わってしまったのですが、大丈夫だったかなぁ。

京都では、昼食に先輩・後輩と一緒に生協食堂に入ったら、
僕の昔の指導教官とばったり。
いやー、いまだに会うと緊張しちゃいますね。

帰りの新幹線の中での、後ろに座っていた中年サラリーマン2人の会話。

「茨城は『いばらぎ』なのか『いばらき』なのかどっちなんやろうねぇ」
「いばらぎ、だと思うよ。昔からいばらぎだとしか聞いてないし」
「オレもそう思うねんけど、最近ニュースじゃ『いばらき』って言うてるんや」
「大阪の茨木は?」
「あれはいばらぎやろ? うん、いばらき? どっちかわからんようになってもうた」
「でも樹木の木は『き』とは読んでも『ぎ』とは読まないだろう」
「それもそうやな。宮城は『みやぎ』やから、茨城は『いばらぎ』や」
「そうかそうか。茨城は『いばらぎ』で決まりだな」

ということで、茨城はいばらぎ、茨木はいばらきで決まりかけていたのですが、

「でも、濁っている(濁音の)方が言いやすいから、どっちもいばらぎにしとこうか」

……このお二人、ウルトラクイズには出場しないことをお勧めします。
(←出場したくても出来ませんけど)

茨城も茨木も、もっと名前の普及に努めるべきですね。
僕の本名もそうなんですが、簡単な名前なのに間違われやすいことって多いですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月21日 (火)

ツインルーム

出張で京都にいます。
ホテルから今日は書き込んでいます。
理系のくせに機械にはホントに弱い僕ですが、ついにこういう芸当ができるようになりました。
(←僕は大したことをやっていない。技術と道具とホテルの設備のおかげ)

研究集会は初日。
昨年のこの集会では僕も講演したのですが、講演者は若手の人(院生)が多く、
講演者を年齢の順に並べると、僕はアダルトチームに入る感じでした。
ところが、今年は一転して僕より年上の方の講演が多いです。
よく見れば僕の先輩と指導教官がいっぱい……。
研究集会は明後日までなのですが、僕は明日で広島に帰ります。
というのも、明後日は演習の授業をしなきゃならないので。

今日の講演を終え、いろんな人と別れてバスに乗ってホテルの近くの停留所で降り、
ホテルへ向かおうと横断歩道を歩いていると……
遠くに見慣れた顔が。
なんと(先月、市民球場に一緒に行った)Kさんではないですか。
←書き間違えてしまいました。Sさん、Kさん、ごめんなさい!
聞けば昼食を食べたときに忘れていた帽子を店まで取りに行っていたとのこと。
しかし、研究集会の会場とはかなり離れたところで出会うとは……
何かの糸でつながっているとしか思えません。
そのまま2人で夕食を食べに。
お酒におつきあいせずにゴメンナサイ。

そういえば、今日はだいぶ京都に早く着いたので、うろうろ歩いていたのですが、
(今日の京都は暑かった!)
ふと見上げたバスの中に、ウチの大学の先生が乗っているではないですか!
しかも手まで振ってくださって。
今日は「偶然の出会い」という一日ですね。
こういうことってたまにはあるかもしれないけど、滅多にないですよね。

そしてホテルに着いてびっくり。
シングルで予約したはずが、今いる部屋にはベッドが二つ。
今日1泊しかしないのがもったいなくなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月20日 (月)

明日は夏至。

最近研究で考えている問題があるのですが、
「ここまでは証明できているはず」というところからスタートしようとして、
その証明をもう一度眺めていたら間違いがあることが判明。
3時間ほどウンウンうなりながら考えたのですが、何とか間違いを修復することは
出来たと思われます。
まあ一歩進んだことには嬉しさを感じるのですが、終わってみれば今日は
何も進んでいないのと同じなんですよね。

というわけで明日から京都出張に行ってきます。
去年は講演をしたのですが、今年は聞くだけなので気楽なものです。
……といいたいのですが、本当は緊張しまくりです。(理由は明日以降に)
でも昨年は3回も京都に行ってるし、先月も京都に行ったわけで、
お土産はないですよ!(←誰へのメッセージ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月19日 (日)

父の日

母の日にはカーネーションを送るというのはよく知られていますが、
父の日にはバラを送るんだそうで。
でも我が家の場合はバラやネクタイよりも腹に入るものの方が喜んでくれるので、
今年も酒を買って送りました。

プロ野球の交流戦が終わりました。
やっぱりもっと早くやっておけば良かったですね。
反省点を踏まえて来年度から変更が加えられるとは思いますが、
とりあえず2つだけ。
6週間、36試合を連続すると流石に飽きますね。
だってその前に行われた同一リーグの試合数より多いんですから。
18試合ずつ前後半に分けて、もしオールスターまでに終わらせたいんでも
7月前半に終わらせることは十分可能なはず。
それともう一つは、僕自身は正直どっちでもいいのですが、36試合って少し多め?
24試合(4試合×6チーム)くらいでもいいのかもしれません。
日本はアメリカと違って「対戦試合数を平等に」という考えがあるんでしょうがないですかねぇ。
メジャーリーグは日本より試合数が多いのに、交流戦の数は日本より少ないですしね。
それでいて、人気のカードは毎年ちゃんと開催するし、
ファンを飽きさせないようにうまく対戦カードを作っているんですよね。
そういう魅せる部分の勉強を営業サイドがしっかりやって欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月18日 (土)

若いからこそ悩むもの(その2)

昨日の書き込みに不安を感じられた方もいるかもしれません。
別に fatal な状況ではありませんのでご安心下さい。
自分の思惑通りの結果にならないことはよくあるわけで、
諦められるシチュエーションも沢山あるのですが、
それがちゃんと準備を重ねたにも関わらず失敗してしまったときのショックって大きいわけです。

昨日の話に戻りますが、ある公務がありましてスーツを着て大学に行きました。
このコラムによればちょうど1ヶ月ぶりのようです。
しかし、梅雨だというのに暑い。関東の方は気温も高くなくちゃんと雨が降っているらしいのに。
ネクタイ締めて背広来て外を歩くだけで体が参っちゃうよ。
じゃあ今流行のクールビズなんてどう? と言われそうだけど、
おしゃれとかには無縁な僕には辛い話で。
皆さんにはわかってくれますかねぇ、学生時代、制服を着れば済むのがどんなに楽だったかを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月17日 (金)

本編は明日書くことにして…

色々あって携帯から書きこんでいます。先ほど何とも腑に落ちないことがあり少しブルーです。でも思いました。自分の思い描いた通りに事が運ばなかった時にこそ、如何に冷静に考えられるか、それが大事なんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月16日 (木)

のしげ~。(涙)

これを見てデビルレイズの野茂英雄のことだと分かる方は2,3人くらいでしょうか。

やっっっと、日米通算200勝を達成しました。
昨年某番組に出演した際に野茂英雄の問題に答えたのもありますけど、僕も嬉しいですね。
話を始めると全角1000文字なんかあっという間でしょうから一つだけにしますが、
200勝ということがクローズアップされていますが、
メジャーリーグで122勝ですよ、122勝。
しかも「野茂はもう終わった」と何度言われたことか。今年もマイナー契約でスタートして。
もはや全盛期の力はないとはいえ、あの精神力、
そしていつもトップを目指そうとする精神は僕も見習いたいものです。
イチローのメジャー1000本安打もしかり。最速だとか関係なくただただ素晴らしい。
でも、メジャーで成功するだけの実力のある選手は野茂とかイチローとか松井とかやっぱり一握りだけで、
今日本でメジャー行きを希望している選手の殆どはダメだと思うんだけど。松坂も……どうだろう。
(チャレンジして欲しい気もしますが、それで潰れるのを見たくないのもあります)
でも野茂の場合、日本での78勝も尋常じゃないけどね。
あの頃のプロ野球は今に比べればスター選手がいて面白かったと言えますね。

プロ野球・巨人対楽天戦を見ていて、工藤のノーヒットノーランの夢が無くなって
ザッピングしていたら、うたばんで南野陽子が「吐息でネット」を歌っていた。
南野陽子が出ていた理由は全く分からないが、やっぱ昔の方が良かったねぇ。悲しくなっちゃうよ。
そういえば中学時代、南野陽子の大ファンということで冷やかされていた同級生がいたが
今は何やってるのかな?
えっ、僕ですか? いや、嫌いじゃなかったですよ。薬師丸ひろ子よりは。
そのもう少し前は松田聖子の……今日はこの話はいいことにしましょう。

プロ野球つながり。あっという間に広島が最下位。5位巨人と4ゲーム差。
浮上するきっかけもみつからないし、かなりヤバいよね。世間ではあまり触れられてないようだけど。
今日のスポーツ紙はイチローよりダルがメインなのに、
中国新聞じゃ広島の不甲斐なさを伝えるばかりでダルの話題はほんの少し。

担当する授業の中間試験が終了。問題は難しいと思うのだが、
学生さんは最後まで食らいついてました。
出来具合は関係ないんです。その気持ちがよし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月15日 (水)

肥満?

そういえば昨日はK-1が広島でやっていたんですね。全然それどころじゃなかったけど。

先月受けた健康診断の結果がかえってきました。
身長は先月書いたとおり、生まれて初めて180cmの大台に乗りました。
よーし、これから自慢しまくるぞ~。
まあ、それ以上に体重が増えてますけど。でもこれで学生時代の体重に戻った感じ。
あとはほとんど問題がなかったのですが、
やはり中性脂肪とコレステロールは全く改善せず。
……いったい何が問題なのでしょう?
肉が好きで好きでしょうがないというわけでもないので、運動不足というのが
原因なのでしょうね。
しかし、健康診断書に書いてある「主な疾患の例」として、
高脂血症・糖尿病・動脈硬化症なんて書いてあるのを見ると
何だか夜も眠れなさそうです。
それでなくても昨年は病気で苦しんだのに。

皆さんも健康にはご留意下さい。何を言っても体あっての物種、です。

家に帰ると、僕が卒業した高校の同窓会から会報が届いていました。
普通こういう類のものってつまらないことしか書かれていないものですが、
僕の高校のは結構面白い記事もあります。
結構歴史がある学校で、既に万単位で卒業生がいることもあり、
全国各地、そして色んな官庁・企業に同窓会があって、会合の報告なんかも
会報には書いてあるのですが、僕の住む県にも、同業者にも、勿論僕の大学にもないんですよねぇ。
ニューヨークやロンドンにもあるというのに。同業者はウチの高校出身者は少ないのでしょうがないか。
えっ、じゃあお前が作ればいいじゃないかって?
いやいや、僕は何年か経ったらここから出ていく身ですから……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月14日 (火)

今日も反省会

おーっと、NHK教育テレビに爆笑問題の太田光が出てるよ。
向田邦子論ということで何回のシリーズらしいです。
密かな、密かな夢ですが、僕も一度でいいから教育テレビで何か喋ってみたいです。
……といっても「天才テレビくん」じゃヤだけど。

何だかここ最近、「小さな幸せ」みたいなものを味わっていない気がしています。
やることなすことの殆どが上手くいかない数学屋さんにとっては、
そういう幸せを大事にしていきたいのですが。
今日などは学生さんに「そんな前屈みで寂しそうに歩かないでくださいよ」
なんて言われてしまいました。いやいや、さすがにそこまでヒドイ状況じゃないですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月13日 (月)

梅雨?

真夏とまではいかなくても、十分暑~いです。
広島では一昨日「梅雨入りしたとみられる」ということですが、
全然そんな感じはありません。
本格的に水不足が心配になっているようです。
梅雨入りしたのに水不足だなんて、今まで一度も聞いたことがないですけど。

担当している授業の中間試験がもうすぐ、ということもあり、
ここ数日(勿論ウィークデーに限る)は一日平均だいたい3時間ほど
学生の相手をしています。
でも今日の僕の説明は自分でも何言ってるかわからないようなひどいものでした。
折角僕の部屋に来てくれた学生さん、ゴメンナサイ。
しかし、こうやって質問に来るんですから熱心でよろしいわけで、
さらには僕を頼ってくれるのですからこんなに嬉しいことはないですし、
ちゃんと応えてやんないとと思ってます。
もっとも、指導学生を抱えている教授・助教授の先生方に比べれば
僕の苦労など大したことないですが。

しかし今週も週明けだというのに眠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月12日 (日)

あれっ?

一昨日はセミナーがあって、その後……ということで書き込みが出来なかったのですが、
そのお詫びも含めて2日分を昨日まとめて書いたつもりだったのですが……。
なぜか今見てみるとその書き込みが消えてるよ~。
なんでだろう~?(←テツandトモ風←もうみんな覚えてない)
トップページの方にある「6/11 日記更新」っていうのはちゃんと書き込まれてるのに。

でも、昨日書いたことをもう一度書く元気もなくなってしまいました。
とりあえず今日は2つだけ。
サッカーW杯に関する僕の書き込みに関してですが、別に僕はサッカーが嫌いだとか
日本を応援している訳ではないとか、そういうことはありません。
奇しくも中田(英)が言っていたことなのですが、
今回の出場権獲得は目標のためのほんの第一歩なのであって、これに浮かれるようではいけないし、
中田も言ってましたが、今のままでは強豪国に対抗することはできないでしょう。
それと、確かに勝つのが当たり前というプレッシャーというなかで戦った選手たちは
立派ですし、ホッとしたりうれしがったりして当然でしょうけど、
彼らがW杯本番のピッチに立てる保証は全くないわけで、その意味では喜んでる場合じゃないわけです。
思えば、フランスW杯のときの三浦知良(ほか2名)は可哀想でしたし、
僕自身はあれ(というか3名を直前で外した手法そのもの)はミスチョイスだったと思ってます。

それともう一つ。みのもんたが毎日朝から晩まで働きずくめ(+水道会社の社長業も)という
話を書きましたが、最近テレビを見てると、テリー伊藤もテレビに出過ぎなような気がしてます。
しかもそれの殆ど全てがコメンテーターなので、彼自身は色んな切り口で
話をしているのだろうけど、この前も同じようなコメントを喋ったよ、ということがあります。
(例えば今日だったら、サンデージャポン→サンデースクランブルとか)
でも、仕事がたくさんあるのは羨ましいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 9日 (木)

週末が待ち遠しい

結局、週はじめからの疲れが取れないまま今日まで来てしまいました。

今日は、学生の質問に答えて、新しい問題を考えて、仕事が少し捗って、
そして秘密のことがあって(何?)、とそんな一日でした。

昨日・一昨日と、野球の巨人戦がテレ東系で中継されていたため、
広島では見ることができず、野球の試合は行われているのに2夜連続で
地上波では中継が見られませんでした。
しかも、広島戦も昨日は深夜の録画、今日はまったくなし(←市民球場の試合なのに)。

で、やむなく地上波のテレビをザッピングしていたわけですが、
「うたばん」を少し見て気づいたこと。
最近、芸人のネタ見せ番組になってない?
昔から歌の時間が短くてトーク中心だったのに、
今や歌手すら出てこない。
いまブームの若手のお笑いを持ってくるわけでもなく、
ベテラン芸人のリアクションを見て勉強しようとか、
今日などはワハハ本舗の芸人オールスターで。
単刀直入に聞きます。いいの、それで?

TBSで思い出しました。
先月の半ばを最後に、「TBSの変」の失敗についての書き込みをサボっていました。
端的に言えば、目玉は朝昼夕のニュース・情報番組の改編だったわけですが、
朝が似合わないみのもんた、昼は何も変わらず、
そして夕方はニュースが少ない(でも悪くはないとは思う)。
ついでに書けば、はなまるマーケットが30分短縮。
1年前に久保田智子アナが加わった時点で、斎藤哲也アナが辞める過渡期だとは
思ったのですが、今の状態は正直少し物足りないですね。
同時間帯の他の曲と差別化が図れて、しかも好評なだけに
むしろ看板番組にしても良かったのではないでしょうか。
海保アナの天然ボケはそれはそれでいいですが、
日本語だといつ爆弾発言を言ってしまうかこちらが緊張してしまうぐらいなのに、
英語だととても流暢でしっかり見えるのは不思議です。
そういえば、今月になって水曜のレギュラーに森三中が出ているのですけど。
どういうキャスティング? 曜日レギュラーにあまり笑いは求められていない、よね。
でも、一人は主婦やってるからいいのかな。

あと、最近とっても気になるのが「オオカミ少年」の豊田綾乃アナ。
あんなキャラでいいの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 8日 (水)

夢の切符

日本が北朝鮮に勝ってドイツW杯の出場権を獲得。
あっ、もしまだ結果をご存じでないのに、この書き込みをご覧になった方が
いらしたらごめんなさい。
勿論、僕は日本人ですから、日本が勝って、W杯の出場が決まって嬉しいです。
でも、正直言って、この「異常な盛り上がりよう」に少々嫌気を起こしているのも事実です。

確かに、サッカーの人気は世界的には、勿論日本でもあるわけで、
W杯に出場できるかどうかは国にとっての一大事ですし、盛り上がること自体は理解できます。
でも、南米やヨーロッパ予選なんかと違って、アジアの4.5ヶ国の中に
日本が入らないことを考える方が難しいような気がします。
しかし特に何が起こるか分からないのがサッカーの試合、勝ってこの上ない喜びではあるのですが、
北朝鮮戦に引き分け以上でいいというのに、不安を煽る国内の報道や
(しかもバーレーンがイラクに勝たないと、今日の時点での日本の出場は阻止できないんですよね)
実況の「ついに、ついに、夢の切符を手にしました!」という絶叫(←3大会連続の出場なんですが…)
はちょっとやりすぎでは、と思ってしまいました。
(もし今日日本が負けていたら、そっちの方がよっぽど大事件だと思うのですが、
 日本人はそうは思ってなかったのでしょうかねぇ。)
是非、トリノオリンピックでの日本・カーリング女子チームにも同じように応援して下さい。
僕自身は、NHK-BSで観戦していたのですが、日本が1点をあげた時点で(安心して)見るのをやめてしまいました。

しかし勝てて良かったですね~。
今まで「勝ったことだけが意味のあること」と書いてきましたが、
試合内容を振り返ると、概して日本にとっていいものではなく、薄氷を踏む試合ばかりでした。
ドイツW杯では、フランス大会のように「出場しただけ」にならないよう、
強豪に何とか一泡吹かせて欲しいものです。
ところで、北朝鮮は5連敗。自国に帰ったらどんな目に遭うのか心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 7日 (火)

1日3時間以上テレビを見ている人

広島市民球場の「ボールドッグ」ミッキー君が引退だそうで。
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-050607-0009.html
引退前にこの目で見ておいて良かった~。

テレビ視聴時間に関するアンケート。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050607-00000039-zdn_lp-sci
こういうアンケートで注意しなければいけないのは、これが日本人の平均を表しているとは限らないこと。
実際、iモードのある特定のメニューの利用者なわけで、
例えばワイドショー大好きな専業主婦のデータは少なさそう。
僕は当然「男性の31.8%」に入ってますね。
しかし、最近視聴時間が減ってきてますね。独り暮らしになったというのに。
見たいと思わせる番組が減ったんでしょうね。年取っただけかもしれませんが。

今日は演習の日。
自分の指導力の無さにがっくり。喋りが上手くなりたい。
学生さんが僕の拙い話を頑張って聞いてくれるのが救いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 6日 (月)

ブルーマンデー?

確かに一昨日・昨日とゆっくり休んだはずです。
なのに、今日の朝起きてみると、足は痛い、体はだるい、そして眠い。
大学に行っても欠伸ばかりでした。
別にストレスがたまるような事もなかったと思うんだけどなぁ。
多分、夜暑くて寝付きが悪くなったんでしょうね。
というわけで、風呂に入ってさっさと寝ます。お休みなさ~い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 5日 (日)

昨日はあんなに書いたのに

書きそびれたことがたくさんありましたので、まずはそちらを処理してから。

W杯アジア地区最終予選・日本対バーレーンは結局1対0で日本の勝ち。
これで事実上W杯出場は決定。
正直言って、日本人がどうしてそんなに心配するのか、という気はします。
オリンピックの柔道とかマラソンとか、大リーグのイチローとか松井とかには
過度の期待をしてるのに。イチローなんてひどい成績だ、なんて言われてますが、
大リーグで3割を打ったことがある日本人はいまだにイチローだけだし。
今シーズンの成績でもすごいものですよ。

昨日の「TVおじゃマンボウ」では「@サプリ!」の番宣。
……広島じゃ放送されていないんですけど。
というか、全国的には放送されている地域の方が圧倒的に少ないんですけど。
(人口比ではそれなりの割合があるけどね←関東で稼いでるから)

昨日の高校生クイズの話ですけど、
正直言って、司会の鈴木崇司(ラルフ鈴木)アナがちょっと弱いですね。
今年で5年目なのに(少なくとも僕の中では)しっくりこないですね。
前任者と比べるのは可哀想かもしれませんけど。
そういえば、3代目は羽鳥慎一アナだとてっきり思いこんでいましたね、昔は。
どっちが良かったのかはわかりませんけど。

今日のアッコにおまかせ!で、二子山親方の死去の話題で
「貴乃花親方のアノ髪型はどうしたの?」という話題があり、
「僕もそう思ってました」と興味を持って見たのですが、
特に面白いネタはなく。残念。

えっ、今日あったことですか?
いや、部屋の掃除をしたくらいで特筆すべき事はないです。
一つだけ、今年初めて扇風機を使いました。暑かったんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 4日 (土)

クイズは多数決じゃない、らしいです。

(下↓からの続きです)

夕方、テレビを見ていたら偶然「高校生クイズ」の告知番組を目にしました。
昨年・一昨年と爆笑問題をMCにして、携帯予選とか一芸予選とか、
クイズらしくもなく感動もないものだったのですが、
今年は爆笑問題は使わず、予選も10会場、都道府県代表制に戻すようです。
今回が25回目で「生まれ変わった高校生クイズ」と言っていましたが、
「元に戻った高校生クイズ」をキャッチフレーズにした方がいいのでは。
まぁ、参加者数とか視聴率が元に戻るかは別の問題ですけど。
昨年もこのコラムに書いたと思いますが、例えば予選会場を減らして
全国大会の出場校を30チームに減らした理由の一つに経費削減があるのでしょうが、
この2年間はそもそもお金の使い方が間違っています。特に盛り上げられないタレントにお金を使って。
演出もひどいもので、あれじゃ「自分も出てみよう」なんて思えないでしょう。
(詳しいことは昨年の感想に譲りますが、
 まずバラエティー色が強すぎ。普通の高校生が頑張るから「自分も出てみたくなる」のです。
 真剣勝負という感じもしなくなりますし。
 最悪だったのは、勝ち抜けのルールが視聴者に(わかりにくい、ではなく)不明確だったこと。)
で、元に戻すのはいいのだが、一番大事なのは企画力。
バラエティーの要素を減らしてガチンコの要素が増えるということは
勝ち抜いてくる高校生のキャラに頼れないわけですから。
しかし、金の問題もありますが、大会の規模を縮小したのは
出場する高校生の数が減って、ある県では出場チーム数が8チームなどという事態になったからと
聞いています。それをどうにかしないと。都道府県単位の競争率の格差は
参議院選挙の一票の格差の比じゃないので。どう盛り上げるかですね。
さて、今日は過去の大会の名場面を放送していました。
1題だけ、自分が取り組んだ問題(第12回・関東大会第1問)が放映されて懐かしい気分に。
当然、昨年・一昨年の分は放映されず。
そして、僕が全国大会に出場した年の放映もなし。
まあ、あの回はこれといった演出もなかったよなぁ、他の年に比べて。予算が無か……(以下自粛)。
放送された回のは豪華なホテルや施設を使ってるのに、
我々の時のウェルカムパーティは生田スタジオだったもんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴロゴロピッポッパ~

夕方激しい雷鳴&激しい雨がありました。
季節は夏なんですねぇ。
ところで、今日のタイトルを見て、その昔NHK教育テレビの「小3理科」に
登場していたロボット、ゴロちゃんのことだと感づいた方、かなりの通ですね。(←さすがにいないか)
ゴロちゃんが飛ぶシーンで、しっぽ(?)の後ろに付いている棒を
持ち上げているスタッフの姿が映っているのを見て、
日本(というかNHK)の人形使いの技術力の無さに頭を垂れたものです。
(ちょうどその頃、NHKでセサミストリートの放送が再開されていて、
 日米教育番組の技術力の差に愕然としたものです。
 僕はNHKでの第1期のセサミストリートの放送は全く記憶にありません。)

今日一日は家でゴロゴロしていました。(←シャレじゃないです)
喉の方はお陰様で大分良くなりました。
最近の風邪はしつこいそうですので皆さんもお気をつけ下さい。
あと、NHKから受信料の口座振替の連絡が来ました。僕はちゃんと払ってますよ~。
でも「払ってない人が何十万人もいるのに、正直に払っている人はバカみたい」と言っている
世間の声もわからないではないです。
NHKにはしっかりした説明責任と受信料をちゃんと運用する義務を果たして欲しいものです。

ご当地ナンバーに「柏」が申請されたのでした。
結局成り上がりの街でしょ、なんてひどいことを言う人もいますが、
今や東京まで行かなくても何でも揃う街になってしまいました。
千葉ウォーカーで頻繁に取り上げられていますし。
僕は柏で十数年間バイトしていたので、それこそ「成り上がった」様子を知っています。
今は地方(土浦など)から若者が集まってきて、小渋谷化していて
治安面の不安があるくらいですし。
確かに昔はホント田舎町だったとはいえ、僕が小さい頃には駅前にデパートが数軒あって、
少し大きな買い物の時は母親に連れられてよく行っていましたけどね。
(書ききれなかったので今日の書き込みは上↑へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 3日 (金)

若いからこそ悩むもの

まず、昨日の「納得のいかない出来事」ですが、何とか円満に解決しました。
しかし、僕とは関係ないところで少し火種が出来ている様子も……。

今日、自分で 2222 番を踏んでしまいました。ごめんなさい。
そういえば、僕の母は「2」という数字が好きではないのでした。

今週号の地元の主婦向けタウン誌・最終面より。
「知識遺産-学生時代は 多分 解けたのに-」ということで、
毎週中学・高校の教科書に載っているような問題が掲載されているのですが、今週は

問 現在人気のレッサーパンダ。では、このレッサーパンダを中国語で表記すると
  次のうちどれになるでしょう。A~Cの中から選びなさい。

 A 縞熊猫   B 茶熊猫   C 小熊猫

でした。……これって、学生時代なら誰でも解けるような問題なの?
寧ろ、クイズの問題で「中国語で大熊猫といえばジャイアントパンダ、では小熊猫といえば?」
というのがあるような感じですよね。
果たしてどれくらいの人が答えられるものなのでしょうか?

明日未明にW杯アジア地区最終予選・日本対バーレーン戦。
日本国内ではやれ小野が骨折しただの、報道も盛んにされていて盛り上げっているようです。
以前も書きましたが、日本人の多くが結果に注目しているとはいえ、
結局は殆どの人が日本が負けるだなんてこれっぽっちも思ってないんですよね。
実際には引き分けなら万々歳(結果としては十分)なわけで、
本当のことを書けば負けても全然問題ないんですよね。
だって、日本の属するB組で2位以内ならW杯に行けるわけですが、
3位でもまだプレーオフの道があるわけで、A組の3位が韓国とかにならない限り
まだ悲観することはないわけです。とりあえず4位になることはもうなさそうですし。

車の「ご当地ナンバー」に20地域が名乗り。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050601-00000023-san-soci
まずはつくば。なんと守谷市も要望自治体の一つなんです。
守谷ってつくばの文化圏じゃないのに。多分常磐新線で近くなるから仲良くね、ということか。
そして柏。あー、文字数制限がぁぁ。続きは明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 2日 (木)

朝寝坊

予定より1時間ほど遅く起きてしまいました。
慌ただしく着替えとか食事とかをして、結局予定より1本遅いバスで大学へ。

今日もガラガラ声は続いているものの、特筆すべき事は何もなく。
でも、先程非常に納得のいかない出来事が。
単なる勘違いだったり、今後の自分の活動に支障がなければいいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 1日 (水)

ガラガラ声

昨日まで競馬ネタをあんだけ書いておきながら、なのですが、
僕は今まで一度も競馬場に行ったこともなければ馬券を買ったこともありません。
(これも以前に書いたと思います)
馬券は兎も角、競馬場には一度行ってみたいなあと思っています。

今日は遂に声が出なくなってしまいました。
他の先生方とすれ違ってもちゃんとした挨拶もできず。
3年生が僕の部屋に質問に来たのですが、大声を出さなくてもいいとはいえ、大変でした。
「こんな声でごめんね」と謝りながら一応教えることはできました。
でも、こんな声なので学生さんの方も一生懸命聞こうとしてくれるので、
まんざら悪いことでもないのかもしれません。(←そんなこたぁない←爆笑問題・田中裕二風)
今の3年生は、僕が今の大学に勤めだしたときに一緒に入学した学年で、
授業も何度も担当しているので思い入れが強い学年なのですが、
今日いろいろ質問を受けたり説明したりしている中で、
「任意の○○に対してある△△が存在して、□□ならば☆☆が成り立つ」の否定を作ってごらん、
と聞いたらちゃんと答えられるんですね。3年生なら出来て当然とも言えるでしょうが、
最初は全然出来なかったのに、ここまで出来るようになったか、と感動してしまいました。
でも、僕の指導のお陰では絶対にありません。他の先生のご指導の賜物でしょう。
だって、先学期の試験じゃこっちが泣きたくなるくらい書けてなか……(以下自粛)。

二子山親方の死去。僕も朝のワイドショーは見入ってしまいますし、
早すぎる死を悼む雰囲気であるはずなのに、結局息子二人の確執の方が目立ってしまうんでしょうね。
……寂しいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »