« 本編は明日書くことにして… | トップページ | 父の日 »

2005年6月18日 (土)

若いからこそ悩むもの(その2)

昨日の書き込みに不安を感じられた方もいるかもしれません。
別に fatal な状況ではありませんのでご安心下さい。
自分の思惑通りの結果にならないことはよくあるわけで、
諦められるシチュエーションも沢山あるのですが、
それがちゃんと準備を重ねたにも関わらず失敗してしまったときのショックって大きいわけです。

昨日の話に戻りますが、ある公務がありましてスーツを着て大学に行きました。
このコラムによればちょうど1ヶ月ぶりのようです。
しかし、梅雨だというのに暑い。関東の方は気温も高くなくちゃんと雨が降っているらしいのに。
ネクタイ締めて背広来て外を歩くだけで体が参っちゃうよ。
じゃあ今流行のクールビズなんてどう? と言われそうだけど、
おしゃれとかには無縁な僕には辛い話で。
皆さんにはわかってくれますかねぇ、学生時代、制服を着れば済むのがどんなに楽だったかを。

|

« 本編は明日書くことにして… | トップページ | 父の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155073/7196360

この記事へのトラックバック一覧です: 若いからこそ悩むもの(その2):

« 本編は明日書くことにして… | トップページ | 父の日 »